人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

営業

求人広告営業マンとして成長したいなら読むべき本【おすすめ3選】

更新日:

こんにちは、タカハシです。

 

僕は求人広告営業として10年(某大手求人広告会社で7年、代理店で3年)経験しました。

営業マン時代には、週1冊、年間50冊以上の本を読んでいました。

 

そんな中でも、これからを生きる新人営業マンや、現在伸び悩んでいる営業の方向けの本を紹介します。

  • 営業の一流、二流、三流
  • 伝え方の教科書
  • 営業はいらない

どれも、参考になります。ぜひ手にとってみてください。

 

求人広告営業として成長したいなら読むべき本

繰り返しですが、下記の3点です。

 

  • 営業の一流、二流、三流
  • 伝え方の教科書
  • 営業はいらない

 

順番に解説していきます。

 

営業の一流、二流、三流

 

リクルートでトップ営業マンとして活躍し、その後リクルートの子会社で代表取締役も務めた、伊庭さんの本です。

内容としては、

各営業シーンにおいて、三流の場合、二流の場合、そして一流の場合はこうする。と言ったケーススタディ方式で書かれています。

自分の営業シーンが想像出来る部分も多いので、「あー、自分は二流の対応だったな」と振り返ってみれることが多いです。

やはり現場に出ていた方が書いた本だけあって、どれもすぐに実践できるものばかりです。

普段読書に馴染みのない方でも、読みやすい内容なのですぐに読めますよ。

ただ注意点があります。

読書は読んで終わりではなく、書かれていることを実践し習慣化することが目的なので、ぜひ営業バッグに忍ばせて、移動中や商談の合間に繰り返し眺めることをオススメします。

 

伝え方の教科書

  • わかりやすい伝え方には4つのステップがある
  • 「誰に」「何を」伝えるのかを明確にする
  • 相手に伝わる日本語を使う
  • 話を正しい順序で組み立てる
  • 相手に伝わる言葉に言い換える

 

営業マンとしては、どれだけ熱意を持っていたとしても、具体的に何をどうすべきかを理路整然と話せなければ、相手は動いてくれません。

むしろ、「人はいいけど、頼りにならなそう」というレッテルを貼られてしまいます。

対面にしろ、オンラインにしろ、メールにしろ、営業マンのコミュニケーションの大半は言葉です。

正しい言葉使い、伝え方の順序を組み立てることで、伝える力は格段に上がります。

在宅時間が増えている今だからこそ、伝え方力を見直せるチャンスでもあります。

 

伝え方の重要性ついては、以前こちらの記事でも紹介しています。

その話し方は相手に伝わっていますか?【営業は話し方を磨くべき】

 

営業はいらない

最後はこちらです。

帯はホリエモンが出ていますが、ホリエモンの本ではなく三戸政和さんという方の本です。

  • 日本の営業マンの数はこの20年間で100万人消滅した
  • 理由は、従来型ビジネスモデルの限界とテクノロジーの発展
  • これから営業マンはどう生きるべきか

 

今まさに営業マンとして活躍している20代・30代の方にとっては、かなり衝撃的なタイトルでもありますが、内容としては営業マンを批判している内容ではなく、営業マンだからこそ培われた能力があり、その能力をもっと活用することでキャリアアップ・自己成長に繋がるという内容です。

どの道、一生涯同じ会社や、同一職種で務めあげるということが難しくなっています。むしろ経験と経験の掛け合わせで、自分の得意なこと・好きなこと・自分しか出来ないことで生きていける時代となってきましたので、今営業マンとして駆け出しの方や、ある程度年数が経った方も、「期限を決めて、そこまではとにかく一気にやりきる」というキャリアの選択もありだと思います。

自分の将来をデザインしていきたい方は、ぜひ読んでみてください。

 

迷ったら買うべき

以上で3冊終了しました。

どれも、普段あまり本を読まないという方でも、読みやすい本ですので、ぜひ手にとってみてください。

スタバ2回我慢するくらいで1冊読めます。飲み会1回我慢するくらいで3冊読めます。

 

成果とは、結局は行動からしか生まれません。

悩む時間がもったいないので、気になったらポチりましょう。

それくらいフットワークが軽い方が、結果に繋がります。

 

図書館も有効ですよ

それでも、お金が厳しいという方は図書館にいきましょう。

図書館は無料で借りれます。

(現在はコロナで営業自粛している自治体も多いと思いますので、事前に問い合せてみてください)

 

最後に伝えたいこと

 

今回は3冊の本を紹介してきましたが、最後にお伝えしたいことがあります。

  • 読んで満足しない。書いてあることは1つ以上実践する。
  • 習慣化するまで繰り返す。
  • 実践して上手く行ったことを書き出す、人に伝える。

本を読んでいるけど成長感がないという人は、読んで満足していることがほとんどです。

まずは、一つでいいから実践しましょう。そして、一回やっただけでは、身についたとは言いません。

「知っている」レベルから、「出来る」レベルに上げるためには、繰り返し実践することが大切です。

 

そして、上手く行ったことは、書き出すか、人に伝えましょう。

人に伝えることで、スキルとして体系化されます。

 

本を読む(インプット)→実践する・伝える(アウトプット)

を繰り返していく内に、成長が実感できるようになりますよ。

 

営業マンとしての成長を願っています!

 

以上です。

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

 

-営業
-, , , ,

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.