人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

メール提案 営業

メール一つで「出来る営業」と思わせるテクニック

投稿日:

こんにちは、タカハシです。

 

元内向型営業マンです。

話すことが苦手なので、それ以外の部分で営業としての信頼獲得に努めていました。

 

今回は、たった1通のメールで「出来る営業マン」と感じてもらうためのテクニックをご紹介します。

 

お客様にメールを送る際の宛名の入れ方どうしてますか?

営業マンのみなさんは、お客様と毎日数多くのメールをすると思います。

その時に、多くの場合「宛名」をつけますよね?

 

例えば、

株式会社○○

△△部 ☆☆課

部長 □□様

のように、社名+部署名+役職+氏名

といった形です。

 

逆に、お客様もメールをくださる時、

営業マンの氏名に加えて、社名・所属部署の名称などを入れてくださることもあります。

 

この時、相手の宛名を入れる際に、何を参照しますか?

お客様の名刺という方もいるかと思いますが、おそらく大半の方は「お客様のメールの署名」を参照するのではないでしょうか?

 

この、メールの署名を意識することが実は、出来る営業と思わせるポイントなのです。

 

メールの署名一つで出来る営業と思わせるテクニック

下の画像見て頂くとわかりますが、

お客様は営業にメールを送る時、多くの場合は営業マンの署名欄からコピペをします。

 

下記の場合は、コピペして敬称に様をつけるだけで済みます。

署名のコピペ

 

続いて、下記のように装飾をしている場合はどうでしょうか。

 

お客様は署名をコピペした後に、<<<<、 >>>> の装飾を削除する手間が発生します。

 

 

実は、これがお客様には地味にストレスに感じるのです。

これだけで?

と思うかもしれませんが、やってみると5秒くらい掛かります。イコール、お客様の時間を無駄に使わせています。

お客様の手をわずらわせない配慮が必要です。

 

署名の目的は、お客様が営業マンの連絡先を把握するため

署名の目的は、お客様が営業マンと連絡を取りたい時(電話、メール)に連絡先を一目でわかるようにしておくことです。

なので、基本シンプルにしておくと良いです。

先程の無駄な装飾もそうですが、他にもやたら自社のサービスの紹介やら、URLやらで埋め尽くされて、肝心の連絡先がどこに書いているかわからないという署名はNGです。

営業マン側の気持ちとしては、自社のサービスの紹介や、色々なURLを張っておくことで、「○○さんの会社ってこんなサービスもやってるんだね!署名で気づいたよ!」と言ってもらいたいのかもしれませんが、そんなことはまず起きないと考えた方がいいと思います。

言ってしまえば自己満足に近いので、それを期待するくらいなら、お客さまの手をわずらわせないことだけを考えましょう。

その方がイチ営業マンとして信頼されます。

イチ営業マンとして信頼されれば、その後転職をしても、独立をしてもお付き合いが続く可能性が高くなります。

 

会社から署名が決められている場合

このように言うと、

悲しい顔のビジネスマン
悲しい顔のビジネスマン
署名は会社で決められています

という方もいるかもしれないと思いました。

基本無視で良いと思います。

 

お客さまを見て仕事するか、社内を見て仕事するかの違いです。

お客様から信頼を得たいなら、お客様のことだけを考えましょう。

営業の世界は、お客様から信頼されて結果が出ればそれが正解です。

むしろ、他の人がやっていないことにこそ価値があったりします。

 

なぜ、このように言うかというと、

僕自身、署名のことをお客様からご指摘を頂いたからです。

 

「タカハシくんの署名どこにあるか分かりづらいよ。余計な文言いらないよ。」

「返信するときコピペ面倒なんだよなあ。こういうところがお客様のこと見てないよね。」

といったように、ありがたいお言葉を頂きました。

それ以来、署名はシンプルに、無駄な装飾はつけない。ことを意識しました。

 

ちなみに僕の後輩は、署名欄に自分の顔写真を入れてました。

顔を覚えてもらえて好評だったようです。

さすがに僕はそこまではやりませんでしたが、これもお客様を見て仕事している良い例だと思います。

 

まとめ|お客様を見て仕事しましょう

会社のことではなく、お客様を見て仕事をしましょう。

これに尽きます。

営業マンとして最も重要なのは、お客さまから「あの営業マンに任せると仕事が楽」と思わせられるかどうかです。

 

お客さまは色々な視点で営業マンを評価します。

メール1通、電話1本、商談時の説明、事前準備。

お客様と接点を取る部分を全て見直しましょう。

 

その際にポイントとなるのが、「これはお客様にとっては無駄じゃないか?」「お客様の時間を奪うことにならないか?」と考えることです。

お客様の時間を奪わないことを意識すれば、必然的に事前準備を徹底的に行うようになります。

お客様が不安や疑問に感じるであろうポイントを先読みして、それに対する対策や準備をしておくと、「この営業マンに任せれば安心だな」と感じてもらえるようになります。

 

細部にまでこだわることをぜひ意識しましょう。

 

以上です。

では、また!

-メール提案, 営業

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.