人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

対面商談が苦手ならメールの文章力を磨こう

メール提案

対面商談が苦手ならメールの文章力を磨こう

投稿日:

こんにちは、タカハシです。

 

この記事では、このような悩みを持つ方に向けて発信しています。

 

対面商談が苦手です。上手く話せません。

 

タイトルの通りですが、

結論、

対面営業が苦手な内向型の営業マンはメールを活用すべき

と考えています。

 

僕自身、口下手で対面商談が苦手な営業マンでしたが、メールの文章力を磨いた結果、取引社数・売上額がアップしました。

また、メールの文章力を磨いた結果、対面商談の苦手意識も無くなりました。

 

本記事の内容

  • メールのメリット3つ
  • ダメなメールの文章3つ
  • オススメ即実践できるメールテクニック

 

それでは、早速いきましょう!

対面商談が苦手な営業マンがメールを活用するメリット

メール活用のメリット

営業マンの方なら、おそらくメルマガとか、メール提案とかしたことある人もいると思いますが、そういう方にも改めてメールの重要性を伝えたいと思います。

 

メールのメリット3つ

  1. あとから見返せる
  2. 場所、時間を選ばない
  3. 相手に要点が伝わる

 

1 あとから見返せる

口から出た言葉は訂正できません。

仮に変なことを言ってしまった場合、取り返しがつかないので、信頼が落ちる可能性すらあります。

メールなら、後から見返すことができるので、言葉を選びながら書くことができます。

 

2 場所、時間を選ばない

対面はアポをわざわざ取らないといけません。

お客様と予定がなかなか合わなかったりして、商機を逃すことすらあります。

 

電話も同じです。

基本的に電話は相手の時間を強制的に奪う行為です。

お客様が仕事中に突然電話して、いきなり商品案内しても向こうも迷惑ですよね。

大して話を聞いてもらえなかったりします。

 

メールなら場所・時間を選ばないので、移動中に提案メール作成することもできるし、メールもいつでも送ることができます。

ただし、注意点があります。

あまり遅い時間に送ると、失礼に感じるお客様もいるので(通知音をONにしている方も結構います)極端に深夜帯に送るのは避けましょう。

ただし文章作成はいつでもできるのはメリットですね。

 

3 相手に要点が伝わる

対面だとなかなか要点が伝わらなかったりしますが、メールだと要点を整理して送ることができます。

 

例えば、課題、それに対する改善策、具体的な提案内容、提案する理由・根拠。最後に納期・価格と、自分の想いを簡潔に。

流れを、整理して書くことで相手にも伝わるようになります。

 

もう一つメリットがあります。

それは自分自身でも要点が整理されるということです。

作成したメールの内容は、このまま商談で話せます。

結論、理由、根拠、結論(PREP法と言います)と一連の流れで書くことで自分の頭が整理されるので、論理的に話す力が養われます。

 

逆に言うと、文章に出来ないということは整理できていないということでもあります。

「この会社の課題ってなんだっけ?」

「このプランを提案する理由ってなんだっけ?」

「その根拠となる事例はあるんだっけ?」

といったように、自分が提案したい内容の情報の抜け漏れに気づくことが可能です。

 

ダメなメールの文章

ダメなメールの文章

こちらも3つあります。

  1. テンプレメール
  2. お客様にメールが送られてきた意図が伝わらない
  3. 誤字脱字が多い。最悪なのは名前間違い

 

1 テンプレメール

送り先(社名・担当者名)だけ変えて、他は同じ内容といったものです。

数打てば当たるは間違いです。

100社に1社はそのメールを見て買いたいと思ってくれるかもしれませんが、残りの99社の内の10社は迷惑だと感じていて、今後その営業からの一切の連絡を無視するようになります。

仮に1000社に送って、10社売上に繋がったとしても、100社は「結局自分の売上のことだけか」と感じ、距離を置かれたり、連絡をブロックします。

母数が増えれば、マイナス資産の方が増えるのは損ですね。

せめて1文でもいいので、オリジナル文章を入れるようにしましょう。

 

2 送った意図が伝わらない

お客様が営業マンに信頼寄せるのは、

「うちの会社のことを気にかけてくれている」と感じるからです。

たとえ、すぐに頼みたい仕事がなくても、信頼関係が築けてさえいれば、「何かあった時は、○○さんにお願いしよう」と思うものです。

その信頼関係の構築は、一朝一夕ではなく、やはり日々のコミュニケーションのあり方です。

 

メール一文でも、「先日○○の件で情報が欲しいとお伺いしましたが、たまたま参考になりそうな情報を見つけましたのでお送りします」

と送るだけでも、お客様は営業マンに対し信頼を寄せるようになります。

誰にでも言えるような、ビジネストークや一方的なサービス案内は控えましょう。

 

3 誤字脱字が多い。最悪なのは名前間違い

いくら、理路整然とした内容であっても、誤字脱字があるだけで、「この人大丈夫かな」と感じるものです。

例えば、飲食店で食事をした時に、清掃が行き届いていなかったりすると、残念な気持ちになりますよね。

営業マンはコミュニケーションが主体なので、メール文章の細かい部分にまでこだわるようにしましょう。

 

 

営業テクニック|オススメのメールの贈り方

3つ紹介します。

  • お客様のブログに感想を書く
  • 誕生日にメールを送る
  • 創業日にメール送る

これらは必ず喜ばれます。

簡単なことですが、意外と営業マンはやっていないので、ぜひやってみてください。

そして一度やると決めたら継続することです。

ブログはブックマークする。

誕生日や創業日はカレンダー登録して毎年表示されるようにする。

たった一手間加えるだけで、うっかり忘れていたということも無くなります。

 

まとめ|メールを活用することでコミュニケーション力が高まる

まとめです。

メールのメリット3つ

  1. あとから見返せる
  2. 場所、時間を選ばない
  3. 相手に要点が伝わる

ダメなメールの例3つ

  1. テンプレメール
  2. お客様にメールが送られてきた意図が伝わらない
  3. 誤字脱字が多い。最悪なのは名前間違い

おすすめメールの送り方3つ

  1. お客様のブログに感想を書く
  2. 誕生日にメールを送る
  3. 創業日にメール送る

 

トークが苦手な方はぜひ文章にすることから初めてみましょう。

スポーツでも何でもそうですが、上達のプロセスは、

(1)型を覚える→(2)実践する→(3)検証する→(4)改善する→(2)〜(4)を繰り返す

ことです。

初めは型を身につけることからですね。

 

ps 参考までに、伝え方を磨くためのオススメの本をいくつか紹介します。

これらの型を身につけることで、劇的に文章が上達しますよ。

スキルは一生。

 

 

以上です。

では、また!

-メール提案

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.