人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

草原に咲く花

営業

営業に向き不向きは関係ない【置かれた場所で咲くことの大切さ】

更新日:

こんにちは、タカハシです!

 

営業マンには向き・不向きがあると考える方も多いのですが、今回は営業に向き・不向きは関係ないという話をします。

 

特にこのような悩みを持つ方に向けて書いています。

 

営業やってるけど、成果が上がらない。自分には向いていない。

 

僕自身も、リクルートと広告代理店で営業マンを約10年やりましたが、向き不向きだけで考えたら、向いていないと思います。

基本、口下手ですし、頭の回転も早くないですし、強気に行けないですし、いわゆる昭和のTHE営業マンのイメージとは真逆でした。

ただ、仕事自体は好きでしたし、結果10年続けられたということは、向いてはいないけど、合っていたと思います。

 

この記事では、「営業向いていないな」と自信を失いかけている方に、少しでも心が楽になっていただければうれしいです。

  • 自分の強みでNO1になる
  • 他人と比べない
  • ミス、トラブルは成長の種と捉える
  • 自分で決めて動く

では、早速いきましょう!

 

営業マンの心得1 自分の強みでNO1になる

弱みを無くす方がいいか、強みを伸ばす方がいいか。

という点では、結論強みを伸ばした方がいいです。

なぜなら、自分の強みは、やってて好きなことであることが多いので、それならば好きなことに集中した方が、結果に出やすいからです。

弱みの克服はストレスとの戦いなので、結構心が消耗します。

強みを伸ばす内に、弱みがなくなるということもあります。

 

注意点としては、会社・上司によっては、弱みばかりを指摘してくる場合があります。

もちろん、一般常識や、明文化されたルールや規則など、最低限守る必要があるものもありますが、例えば、常に自分の意見を堂々という人がいたとしら、会社環境によっては、「アイデアマン」と思われるかもしれませんし、逆に「不満ばかりいう協調性がない人」と思われるかもしれません。

結局、人の強み・弱みというものは、人や環境によって、基準値が異なります。

なので何をもって、強み・弱みなのかは曖昧なものです。

それよりも、「好きか嫌いか」、「得意か苦手か」といった、自分の中で基準を作り、「好きで得意」なことに重きを置いた方が、楽しく働けると思います。

そして、どうせやるなら、「○○に関しては誰にも負けない」というレベルまでクオリティを高め、NO1を目指しましょう。

その上で「私の強みは○○です」といえるようになると、自信・オーラに満ちあふれてきます。

顔つきが変わると、相手は「この人なら大丈夫そう」「この人に任せたい」不思議と信頼を寄せてきます。

 

営業マンの心得2 他人と必要以上に比べない

「あの人に出来て、なぜ自分は出来ないんだろう。」

「なぜ、自分ばかり上手く行かないんだろう。」

 

と、他人と比べると、自分の無力さにさいなまれてしまいます。

特に営業マンは、業績が可視化されるので、否が応でも他人との差が目についてしまうこともあるでしょう。

 

ただ、業績の優劣と、人間としての優劣は関係ありません。

なので、自己否定をする必要は一切ありません。

今どき、業績が悪いからといって、人格否定をする会社は無いと思いますが、もしそうした環境であれば心が消耗するだけなので、転職の検討をオススメします。

現在は、スポーツチームでも、従来のトップダウン的な組織は成果がでていません。

 

ただし、仕事である以上は、より高い成果や、効率を求めること自体は当然だと思います。

業績が悪くても、改善を試みないで、不満や意見を主張ばかりするのは、それは違うと思います。

他者との比較は、あくまでも自分の現在地点を測るモノサシとしましょう。

その上で、よりよい成果を出すために、自己研鑽をしましょう!

営業マンの心得3 ミス・トラブルは成長の種

誰しもが、ついやってしまうのが、ミス・トラブルです。

大抵の原因は、準備不足・決められたフローの逸脱・自己判断ですが、

もし、起きてしまった時は、解消に向けて最優先で取り組みましょう。

そして、最も大切なのは、

  1. なぜ起きたか?(原因究明)
  2. 次に起きないようにするための対策(具体的アクション)

の2点です。

これを検討せずにいると、また同じことが起きます。

同じことを2回やったら、信頼はなくなると自覚しましょう。

1回目なら周りはフォローしてくれます。

 

2度とおかないと決めて、そのためのマイルールを決めて、あとは習慣化するまで実行する。

それも、大きな成長です。

営業マンの心得4 自分で決めて動く

よく何でもかんでも、上司に相談をする人がいます。

むしろ相談というか、答えを求めているだけです。

 

それはあまり良くないと思っています。

例えば、

本来の相談「○○という問題が起きていて、それに対し私は△△という解決手段を検討しているのですが、どう思いますか?理由は☆☆です。」

に対し、

答えを求めている場合「○○という問題が起きています。どうしたらいいですか?」

 

リクルートの人なら、ここですかさず

「いや、お前はどうしたいの?」

と言います 笑

 

これに関しては、自分で決めるよりも、人に決めて動いた方が楽だからでしょう。

もし、それで失敗したとしても、「〇〇さんがやれって言ったから」と言い訳することも出来ます。

 

ですが、これだと成長は出来ません。

自分で決めるということをぜひ意識していきましょう!

 

まとめ

営業は向き不向きがあると言われますが、むしろ色々な職業において、営業マンほど自分の個性を活かせる仕事はないと思います。

ただ、成果が出せる人、出せない人。または、成長が速い人と、遅い人がいるのは事実です。

 

でも、継続的に成果を出し続ける人はごく僅かですし、成果を出している人も新人の頃は、めちゃくちゃ苦労したという方も多いです。

また、成長が速ければいいというものでもありません。

大事なのは、自分自身が日々納得できる仕事ぶりをしているかどうか。だと思いますので、

出来ないことばかりに目を向けたり、他人を羨んだりすることなく、今目の前のことに集中していきましょう!

 

以上です。

今回も読んで頂きありがとうございました!

 

-営業

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.