Airworkで作成した求人情報がIndeedに掲載されない理由を解説

「Airwork(エアワーク)で作った求人情報がIndeedに掲載されない」

「Airworkを活用して求職者からの応募を増やしたい」

このような悩みをお持ちではありませんか?

無料で採用ホームページを作れるAirworkは、求人情報をIndeedに転載させることが可能です。しかし、求人情報をIndeedに掲載するためには、AirworkとIndeedのルールに沿っている必要があります。

この記事を読むことで、Airworkで作った求人情報をIndeedに転載でき、応募アップにつながります。

Airworkとは?

Airwork(エアワーク)とは、リクルートが運営する「採用管理システム(ATS)」です。80種類のデザインから自社に合ったテンプレートを選び、最短10分でかんたんに採用サイトを作成できます。

採用サイトの作成だけではなく、求人情報の掲載・停止、応募者管理、自動返信機能など、採用活動に必要なあらゆる機能を完全無料で利用できます。

Airworkで作った求人はどこに掲載される?

Airworkで作成した求人情報は、採用サイト上から直接応募できますが、その他にも、「Indeed」「Googleしごと検索」「求人ボックス」といった求人検索サイトへ無料で自動転載され、多くの求職者にリーチさせることができます。

ただし、Indeedの影響力が強いため、求職者からの応募はほとんどIndeed経由となっています。つまり、Airworkで応募を増やすためには、Indeedに掲載させることが非常に重要なのです。

Airworkで作った求人情報の確認方法

「Airworkで求人を作成してみたけど、まったく反響がない・・・」

という方は、まずはIndeedへ掲載されているか確認する必要があります。

ここでは、自社の求人がIndeedへ掲載されているか確認する方法を紹介します。

  1. Indeedの求人掲載サイトを開きます。こちらから
  2. ①の欄に、検索したい企業名(自社名)を入力します。
  3. ②の欄に、登録している勤務地を入力します。
  4. ①②を入力して検索するとAirworkで作成した求人情報を確認できます。

もし、上記の順番で検索してAirworkで作成した求人が掲載されていない場合は、このあと説明する「求人が掲載されない理由」「求人を掲載させる方法」を参考にしてください。

Airworkで作った求人がIndeedに掲載されない理由とは

「Airworkで求人情報を作成したけど、応募が来ない!」

「Airworkで作成した求人情報がIndeedに掲載されてない!」

という方は、以下の4つの項目をチェックして自社の求人と照らし合わせてみてください。

Airworkの掲載基準を満たしていない

Airworkでは、法律遵守や求職者保護の観点から、独自の掲載基準を設けています。そもそもAirworkで掲載不可に該当する業種・業態もあるので注意が必要です。

細かな規定はありますが、基本的には法令遵守していることや、仕事内容や条件に漏れなく記載することがポイントです。

ほかにも記載NGのルール等があるので、Airworkを使用する際には、はじめに掲載ガイドラインを確認してください。

Airworkの原稿掲載ガイドライン

企業情報が確認できない

Airworkでは初期設定の際に、企業情報を記載する必要があります。Airworkの運営もとであるリクルートでは、その情報をもとに掲載審査を行っています。

・正確な企業情報ではないと判断される
・企業の実態が確認できない
などの場合は、求人情報が掲載されない可能性があります。特に個人事業主の場合などは、開業届の屋号と異なっていないかなども重要です。企業名、電話番号、住所などを正確に登録しましょう。

Indeedの掲載基準を満たしていない

Airworkで作成した求人情報が、Indeedに掲載させるためには、「Indeedの掲載基準」を満たす必要があります。

なぜなら、求職者がIndeedのサービスを利用する際に、業務内容が分からなかったり、実際の業務内容と掲載内容が異なっていたりすると、「Indeedは求人情報サービスとして有用ではない」と見なされますよね。

そのようなことを避けるために、Indeedの掲載基準には、「コミュニケーション規約」「応募に関する規約」「差別に関する規約」「合法性に関する規約」「プラットフォームの不正使用に関する規約」等があります。

事前に「Indeedの掲載基準」を正しく理解することが重要です。

Indeedの掲載基準について

労働基準法に違反している

労働基準法に違反している求人情報は、Airworkにしろ、Indeed にしろ掲載が認められません。

求人情報に法律に反する内容の記載、採用後の従業員に違法な就労をさせる疑いがある場合には掲載されませんので、掲載している求人情報に問題がないか確認しましょう。

Airworkで作った求人を掲載させる方法

上記で解説した「求人が掲載されない理由」をもとに、ここからはAirworkで作成した求人を掲載させる方法について解説します。

職種名に余計な言葉を入れない

Airworkで「職種名」を記載する際には、簡潔で分かりやすい名称にする必要があります。なぜなら、Indeedでは職種名に余計な文言を入れることは禁じられているからです。

例えば、「未経験歓迎◎居酒屋ホールスタッフ」「アットホームなお店で働こう!キッチンスタッフ」のような職種名は掲載されません。

少しでも目立たせたいと余計な文言を入れている方も多いですが、その結果Indeed に掲載されない原因になります。できるだけシンプルで分かりやすく「職種名」を記入してください。「!」や「?」などの記号も避けた方が良いでしょう。

ただし、仕事の特徴に触れることはOKです。「本格中華料理店のホールスタッフ」「女性スタッフが9割の家事代行スタッフ」のように、見るだけでイメージできるような職種名を付けると尚効果的です。

労働基準法を違反していないか確認する

採用企業は、労働基準法を理解し、掲載している求人情報が法令違反になっていないか確認する必要があります。労働基準法に違反していると知らずに求人情報を記載している場合もあるので、まずは、労働基準法を確認した上で、法律に沿った求人情報を作成することが大切です。

例えば、年齢や片方の性別だけを限定するような出し方はNGです。具体的には、「20代歓迎」「主婦歓迎」は労働基準法違反に該当しますので、注意しましょう。

Indeedに直接問い合わせる

「この記事でお伝えした項目全てチェックしたけど、まだ求人が掲載されていない」

という方は、Indeedのカスタマーサービスに問い合わせることをおすすめします。掲載されていない理由に加えて、Indeedの求人掲載に関する疑問について聞くことができます。

問い合わせ方法は、メールと電話の2つがあります。利用しやすい方法で問い合わせみてください。

Indeedお問い合わせフォーム

まとめ|自分でやるのが大変なときは運用代行に依頼しよう

Airworkは、だれでもかんたんに使える採用管理ツールです。しかし、成果を出すためには正しい知識と労力が必要です。Airworkで時間と労力を掛けて求人を作成してみたものの、上手く成果に繋げられていない企業は少なくありません。

Airworkで成果を高めるために、正しい知識と運用実績を持つ「求人広告のプロ」に相談することもおすすめです。

私は、リクルートと広告代理店で、約10年間の求人営業経験があり、現在はフリーランスとして全国の企業の採用活動を支援しています。AirworkやIndeed の運用実績も多数ありますので、短期間で成果を上げたい方やAirworkの活用に苦戦している方はお気軽にご相談ください。

相談はこちらから

人材採用・求人広告運用の相談に乗ります オウンドメディアリクルーティングのプロが課題と打ち手を提案 採用ホームページ(AirWORK採用管理)作ります 元リクルートMVP営業、現役SEOライターが採用サイトを作成