人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

自分の頭で考えるようになったら結果が出た話

All

自分の頭で考えるようになったら結果が出た話【仕事もスポーツも同じ】

更新日:

こんにちは、高橋です。

 

基本運動音痴、人見知りです。

そんな僕ですが、

・大学でスポーツ(駅伝)で全国大会3回出場

・社会人では営業でMVP5回

という実績があります。

 

なぜこうした成果を出すことが出来たかということについてお伝えしていきます。

 

特に読んでほしい人

・自分には才能がないからと諦めている人

・自分の強みや長所がわからないという人

・思うような成果が出せずに辛い気持ちでいる人

 

では早速いきましょう!

 

 

スタートした時は全然できなかった

スポーツ(陸上)も、営業も、始めたばかりの頃は全く出来ませんでした。

 

スポーツに関しては、元々運動音痴で、特に球技はからきしダメ。体育が一番苦手な科目でした。

唯一走ることだけは平均程度だったので、高校の部活動は陸上部(長距離)を選びました。

しかし、入部当初は女子選手にも負けていました。(特にトップ選手というわけでもない相手)

 

また、営業に関しては、元々声が小さく、しかも低音で声が通りにくいため、「聞き取りづらい」と先輩・上司に指摘されることもありました。

面白いことも言えないので、リクルートの体育会的な文化に馴染めずにいました。

 

そんな感じでしたので、どこに行っても周りからの期待値も高くない、目立たない存在でした。

陸上も営業も、指示されたことやるだけで、一杯一杯。

こなしてもこなしても、なかなか成果が出ません。

 

自分で考るようになったら、結果が出た。

結果が出るようになったのは、スポーツも仕事も2年目以降です。

ある程度、環境にもなれ、日々のマストのタスクも余裕を持って消化できるようになりました。

 

そうした時に、

・今の自分に足りない部分は何か

・足りない部分を補うために今やるべきことは何か

を考えるようになりました。

そして、実行してみました。

 

すると、結果が出るようになりました。

また、指示された以上のことをプラスアルファでやっているということで、周囲の目も変わっていきました。

 

そうすると更に、専門的なアドバイスを頂くようになりました。

その情報を元に、さらに実行する。

 

これを繰り返すことで、スポーツも営業も、2年目以降は一気に実力を伸ばすことが出来ました。

 

人から言われてやったことは練習(仕事)とは言わない

こうした経験から、僕は人から言われる前に、まずは自分でやってみるということを大切にしています。

 

もちろん、全ての仕事に当てはまるわけではありません。

医療関係者などは、明確な指示に基づいた行動をしなければなりませんので勝手な行動は許されません。

 

ただし、営業職などは、自分の主体性が求められる仕事です。

むしろ、逐一上司からの指示を仰いでいたら、何も出来ません。

 

上司からの「売上を上げてこい」という抽象的な指示を元に、自分の頭では「どうやったら売上が上がるか。」ということを具体的に考えなければいけません。

 

そういう意味では、僕のこれまでの環境は、自分の頭で考える機会を与えてもらえました。

高校の部活の先生は、練習メニューは出しますが、細かいペース設定は自分で決めていました。

もちろん、あまりに設定が甘かったりすると、「それじゃ練習にならなくないか?」と言われることもありました。

 

またリクルートでは、常に自分の頭で考えることを求められました。

仕事の進め方や提案内容がわからなくて相談をすると、「それは相談じゃなくて、単に答えが知りたいだけでしょ。お前はどうしたいの?」

と言われました。

逆に、合っているかどうかわからないけれど、「僕はこうしたらいいと思います。」と言うと「お前がそれがベストと思うなら良いと思うよ。それで失敗しても責任取るから思い切りやりな」と言って頂きました。

まとめ|自分で考える。自分で決める。自ら動く。

自分で決めるというのは、とても勇気がいることです。

合っているかどうかわからないし、失敗が怖いので、つい周囲に相談をしたり、指示を仰いでしまいます。

ですが、結局行動するのは自分です。

失敗するか成功するかなんてやってみないとわかりません。

もし失敗した時に、「あの人が言った通りにやったら失敗した。自分は悪くない」といって、他責にしても何も成長に繋がりません。

逆に、自分で覚悟を持って決めたことならば、たとえ失敗したとしても、それは反省という形で次に活かすことができます。

 

自分で考える。自分で決める。自ら動く。

言葉にするとシンプルですが、難しいです。

ですが、やってみると意外と出来るものです。

そして、行動した分だけ人生がいい方向に進みます。

 

以上です。

ではまた!

-All

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.