人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

お給料の画像

Freelance

フリーランス初任給額を公開します!

更新日:

こんにちは、タカハシです!

 

3月末にサラリーマンを辞めて、7月末から本格的にフリーランス活動を始めて約1ヶ月。(間にプログラミングスクール通っていたため、本格稼働が遅くなりました)

昨日、クライアントからご入金を頂きました!

 

その額!26万円!

 

「フリーランスはもっと稼げると思った」

「たった1ヶ月でサラリーマンの月給並みですごい」

人によって色々感じ方はあると思いますが、個人的には、金額以上の価値を感じました。

というのも、サラリーマン時代は当たり前のように毎月口座に入金されていたものが、

フリーランスになって会社という後ろ盾がなくなった中で、自分という存在価値に対して、請求書通りの金額をご入金頂けたわけです。

 

「ご入金ありがとうございました!」とクライアントの社長にご連絡したところ、

「いえいえ。少しでごめんね。もっと仕事振れるようにするから、引き続きよろしくね〜」と言われました。

 

現在の高橋は、コンサルのような役割を任されており、その会社に常駐しながら、実際に同じ仕事をしたりといったことを行っています。

課題は、現場と本社の意思疎通です。

また、中小企業に多いのが、デジタル化に対応できていないということ。

少数精鋭でやっているので、どうしても昔からのオペレーションを変更せずにやり続けている状態になっています。

そのため、めちゃくちゃ非効率なやり方をしていることが多いのです。

そこに、ITツールを導入(例えば、RPAツール、CRMツール、グループウエアなど)すれば、劇的に改善できそうです。

ただし、そこで課題になるのが、現場への浸透です。

 

第三者の僕のような人材が、クライアント先にに常駐することで、新しい試みを浸透させる役割を担えればと思います。

 

会社員ではないので、何をやるかも全て自由なのがフリーランスのいいところ。

これから、更に価値を還元して、報酬額を上げていけるようにしていきます!

 

以上です!

では、また!

 

 

 

 

 

 

 

-Freelance

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.