人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

IT&WEB

プログラミングスクール終了まであと2日となりました

更新日:

こんにちは、タカハシです!

 

5月18日より受講開始した、テックキャンプもいよいよあと2日となりました。

現在は、最終課題に取り掛かっており、完成も間近といったところです。

最終課題の内容は、チーム開発でフリマアプリの製作に取り組んでいます。

 

今回は、この10週間の振り返りを行いたいと思います。

オンライン受講はメリットしかなかった

コロナ禍の影響もあり、教室利用は制限されました。

結局、この10週間は全てオンライン受講をしてましたが、全く問題ありませんでした。

むしろ移動時間が0になったことは、個人的にかなり助かりました。

忘れ物してもすぐに取りにいけるし、ブログやランニングする時間も取れました。

それと、外出しないので、お金をほぼ使わなくなりました 笑

 

今後、地方に居住しながら、プログラミング学習する人も更に増えると思います。

半年間位、地方の温泉付きマンスリーマンション契約しながら、オンライン勉強したら生活費下げながら、スキルアップできそうですね。

東京は家賃が高いので。

 

10週間でやったこと・得たスキル

◆学習した言語・ツール

HTML・CSS・Ruby・Ruby on Rails・JavaScript・jQuery・SQL・Git・ GitHub

Haml・SCSS・AWS 等の技術を用いたアプリケーション開発 

 

◆開発実績

①チャットアプリケーション

http://13.230.191.157/users/sign_in

※新規登録してから開始します。

 

②既存サービスのクローンサイトを開発

 

③スクラムによるアジャイル開発

 

その他、毎日寿司打(タイピング練習サイト)やっていたら、タイピングスキルが上達しました。

 

今後、どのようなエンジニアになりたいか

今後は、エンジニアとしてスペシャリストを目指すよりも、課題解決ができる存在になりたいと考えています。

どういうことかというと、クライアントのビジネス上の課題(例えば、単調な作業を毎回繰り返している)を、簡単なアプリケーションを作ることで解決できるようになれたらと思います。

求人広告営業をしていた時は、人手が足りないという課題に対して、人手を増やすために求人広告の掲載や、採用活動の支援をしていました。

ですが、プログラムを使い作業を仕組み化することで、人を採用する必要すらなくなります。

そして、人は単純労働ではなく、より付加価値の高い仕事に就くことができるようになります。

そのように、個々人、各企業に合わせたオーダーメイドのアプリケーション開発が出来るような存在になりたいと考えています。

世の中にはまだまだIT化が進んでいない分野や、IT化によってコスト削減・生産性向上ができるものが沢山あります。

 

また、プログラミング学習をして感じたのは、サーバーサイドよりも、即反応がわかるフロントエンドの方が、自分に合っていると感じました。

今まで広告営業やっていたからか、自分が行動した結果がすぐに見れる方が、楽しいと感じます。

また、マーケティングやSEOの観点も考えると、フロントエンドやマークアップは親和性も高いので、今後はそちらのスキルを磨きたいと考えています。

今後、ノーコード開発ができるようになると、サーバーサイドは自分でやらなくても良くなりそうです。

 

言われたことを単に実装するだけのエンジニアでは意味がないと思うので、自分で要件定義・設計をして、開発できるようになりたいと思います。

 

 

本日は以上です!

では、また!

 

 

 

 

-IT&WEB

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.