人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

All

特別定額給付金オンライン申請のやり方【実例 5分で申請完了出来ました】

更新日:

こんにちは、タカハシです!

各自治体で給付が開始されている「定額給付金」ですが、

昨日はこんなニュースを見ました。

「本末転倒」10万円給付ネット申請なのに…役所に行列、手続き6時間も

引用:https://www.nishinippon.co.jp/item/n/606537/

コロナ対策施策なのに、これでコロナに掛かったら正に本末転倒ですね。。

役所に行かずに手続きを済ませたい方も多いはず。

ただ実際は

「オンライン申請のやり方がわからない」

「オンライン申請をやってみたけど上手く行かない」

とお困りの方も多いかと思います。

 

僕は、早速昨日の夜22時位にパソコンでオンライン申請やってみましたが、5分で終了しました。

事前に準備するものもありますが、環境が整っていればスグに終わりますよ。

僕が実際に行った手順について記載していくので、これからオンライン申請をやろうと考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事の内容

  • 特別給付金の申請方法
  • 特別給付金のオンライン申請で準備するもの
  • 特別給付金のオンライン申請の手順

では早速いきましょう!

特別定額給付金の申請方法

 

特別定額給付金の申請方法は3つあります。

  1. 郵送
  2. オンライン

郵送・オンライン、いずれの対応方法も各自治体によって開始日が異なりますが、既にオンラインはほとんどの自治体で開始となっています。

機器は、スマホ・パソコンどちらもOKです。手元にカードリーダーとマイナンバーカードがあれば即申請をすることが可能です。

ただし、注意点としては、マイナンバーカードの暗証番号・電子証明パスワードが必要であるということです。

マイナンバーカードの交付を受けてからカードの利用したことがない方は、暗証番号・パスワードを忘れている方も多いため、その再設定で役所が混雑しているのです。

 

今回僕は、パソコンを使ってオンライン申請を行いました。

特別給付金のオンライン申請で準備するもの

オンライン申請で用意する物の一覧です。

  1. インターネット環境に接続されたスマホ・パソコン
  2. 給付を受ける預金通帳(キャッシュカードも可)
  3. マイナンバーカード(通知カードではなくICチップ付きのカード)
  4. マイナンバーカードの暗証番号(数字4桁で任意設定済)
  5. マイナンバーカードの電子証明パスワード(任意設定済)
  6. カードリーダー(パソコンの場合)

これだけです。

逆にいうと、

  • マイナンバーカードの交付を受けていない方
  • マイナンバーカードは持っているけど暗証番号・電子証明パスワードを忘れた方

はオンライン申請が出来ません。。

なので、上記に該当する方は

  • マイナンバーカードの交付を受ける
  • 役所に出向きマイナンバーカードの暗証番号を教えてもらう(電話問合せは不可)

といった対応が必要です。

マイナンバーカード

マイナンバーカードとは、写真・ICチップ付きのカードです。

よく通知カードと勘違いされる方もいますが、それとは違います。

マイナンバーカードの交付を受けるためには、事前予約をして指定された期日に役所まで受け取りに行く必要があります。

(その日に役所に行って、その日に交付を受けることは出来ないので注意してください)

また、マイナンバーカードには現在の住民票住所と同じ住所を記載する項目があります。

「住民票は移したけど、マイナンバーカードの住所変更はしていない。」という方も、今回のオンライン申請では住所変更が必要となります。

余談ですが、マイナンバーカードがあると、コンビニで住民票や印鑑証明がいつでも取れるようになるので便利ですよ。

しかも役所で申請するよりも50円くらい安いです。

「住民票なんて年に数回しか使わないし、その都度役場に行けば不要」と思う方もいると思いますが、逆にその年に数回のために、役所にわざわざ行くほうが、個人的には面倒だと思います。(会社勤めだと、日中は役所に行けなかったりしますしね。)

結局は、そうやって後回しにしたかどうかが、今回のように即申請が済む人と、わざわざ役所に手続きに行かなければならなくなった人の差になってくると思います。

マイナンバーカードの暗証番号・電子証明パスワードについて

暗証番号は数字4桁、パスワードはアルファベット・数字で組み合わせた物です。

マイナンバー発行時に、任意で設定しています。交付を受ける際に、紙で控えをもらっているはずなので、忘れた方は探してみてください。

当てずっぽうで、入力をすると数回間違えるとロックが掛かってしまいます。その場合、直接役場に行かないと解除が出来ないので、結局二度手間になってしまいます。

今はいろんなサイトでパスワードを設定することも多いので、パスワード管理アプリや、メモ帳に記録するなどして常に管理しておくと安心ですね。

カードリーダー

パソコンでマイナンバーカードを読み込むためには、カードリーダーが必要です。

楽天やアマゾンで検索すれば、スグに出てきますので調べてみてください。

 

値段は3000円〜1万円弱くらいですね。

どれでも問題ないかと思いますが、「個人情報を読み込む機械だからちゃんとしたメーカーの方が良い」という方はソニー製とかは安心なのではないでしょうか。

僕は、SCM ICカードリーダー/ライター B-CAS・住基カード対応 SCR3310/v2.0 を買いました。

注文して3日ほどで届きました。動作的には全く問題ないので満足しています。

売り切れると、入荷待ちで結局日数が掛かるので、買える時にポチりましょう。

 

「タダで給付受けられる物なのに、カードリーダーとかにお金を掛けたくない」という方もいるかもしれませんが、それは確かに仰るとおりです。そういう方は、郵送の案内が来るまで待ちましょう。

ただ、マイナポータルでは他にもマイナンバーカードを使って色々な手続きが出来るようなので、意外と便利ですよ。

ちなみに、確定申告も、カードリーダーがあればe-taxで申請可能です。

特別給付金のオンライン申請の手順

準備が全て整ったら、いよいよオンライン申請です。

詳細の入力方法は、申請サイトを見たほうが分かりやすいかと思いますので、

こちらでは大まかな流れをご説明します。

申請手順

  1. マイナポータルのサイトに入る
  2. 「申請はこちら」をクリックする
  3. 「動作環境チェックはこちら」をクリックする
  4. マイナポータルAPのインストールする(インストール後の手順はサイトをご覧ください)
  5. カードリーダーをパソコンに接続し、インストールする
  6. 申請手順に従って、入力していく。(住所、預金口座情報、給付を受ける方の氏名など)
  7. 入力控えをダウンロード(またはメール送付)したら終了

準備さえ出来ていれば、実際の申請作業(上記6)は5分程度で終了します。

あなたが世帯主の場合は、住民票が同じ家族分(例えば奥さん、お子さん)は世帯主の方が入力すれば申請出来ます。

まとめ

今回のまとめです。

  • マイナンバーカード(と暗証番号・電子証明パスワード)があれば申請可能
  • カードリーダーは何でもOK。今後も活用範囲が広がる可能性があるので、買って損なし。
  • 今後も何があるかわからないので、マイナンバーカードの交付や、オンライン手続きが出来る環境は整えておくべき。

個人的には、マイナンバーカードを持っていたこともあり

「なんだ意外と簡単だったわ。というか、マイナポータルめちゃくちゃ便利じゃん」と感じました。

もはや世の中、オンラインでなんでも手続きが可能な時代になっていますので、ぜひこの機会にやってみてください。

以上です。

今回も読んでいただきありがとうございました。

-All

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.