人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

Freelance IT&WEB

ノーコード開発の時代が来る予感

更新日:

こんにちは、タカハシです!

 

昨日、Youtubeでやまもとりゅうけんさんがノーコードに関する動画をUPしていました。

これを拝見しまして、個人的にもの凄い衝撃を受けました。

 

今まさに、プログラミングスクールに通い、朝から晩までエラーと格闘する日々を送っている中、コード不要でWEBアプリケーション開発が出来るとは、とてつもないことだなと感じます。

 

ノーコードについて、早速調べたことを簡単に解説をしていきます。

 

ノーコード(NoCode)開発とは

ノーコード(NoCode)を一言でお伝えすると、プログラミングに必要なソースコードを書かずにWEB開発をする技法のことです。

その他にも、ローコードというものもあります。こちらは一部はソースコードを書いて開発をする技法のことです。

 

これの何が凄いのかについてですが、まずはプログラミングの難しさについて解説します。

 

初めてわかったプログラミングの難しさについて

そもそも、ソースコードとは何か。という話ですが、プログラミングとはコンピューターに対し、機械語を使って指示・命令をすることです。

その指示・命令にあたるのが、ソースコードです。

※この画像のように、黒い画面に記述しているものです。

 

このコンピューター言語は、幾つも種類があり、作るサービスによって使い分けが必要となります。

(人間も国によって使う言葉が違いますよね。)

 

そして、人間であれば言葉が通じなくても、ジェスチャーや、雰囲気で何となく言いたいことが伝わったりしますが、コンピューターはそうした曖昧な表現は一切汲み取ってくれません。ソースコードのたった1文、たった1つスペルミスがあるだけでもエラーとなり、動かなくなってしまいます。

 

プログラミングの難しさは、

・コンピューター言語の理解

・仕組みの理解

・エラーの解消(膨大な記述の中から間違いを見つける)

にあると思います。なので、途中で学習に躓いて心が折れることが多いのです。

そうした、壁を乗り越えた経験があるこそ、プログラマー・システムエンジニアは市場価値が高いと言えます。

 

でも、それではエンジニア不足はいつまで立っても解消されません。

そこで、学習の途中で心が折れずにやりきらせることを目的としたプログラミングスクールがここ数年で急増しました。

 

実際に僕も通っていて感じますが、学習自体は物凄くシンドイです。独学でやっていたらとっくに辞めていると思います。

徹底的なサポート体制や、同じレベルの生徒同士の交流や、チーム開発体験が出来ることが、最大のメリットだと思います。

 

10週間で、延べ700~800時間程学習しましたが、それでようやく基礎が出来た程度です。

実際にこれでシステム開発の会社に転職したところで、現場では全く使い物にはなりません。

ここからがスタートで、エンジニアの卵たちは、現場で様々は開発に携わり、エラーと格闘しながら、スキルを高めていく必要があります。

もちろん、その間もIT技術はどんどん進歩しますので、学習もやらなければなりません。

そう考えると、エンジニアがいかに大変な職業であるかということがわかりますね。実際に、9割は3年以内に辞めてしまうそうです。

 

個人的にも、正直もっと簡単なものかと思っていたら、実際はめちゃくちゃ難しかったです。。

ITは世の中を便利にしましたが、サービスを作る側は大変な労力が掛かっていることがわかりました。

 

ローコード開発が、エンジニア不足を解消する

話をローコードに戻します。

 

上記でお伝えしたとおり、アプリケーション1つ作るのに、これまでは人も時間も必要でした。

ですが、ローコードにより、それが一気に解消する可能性があります。

理由としては、

  • 開発期間が短縮される(開発期間3ヶ月が3週間で出来るようになる)
  • エラーが起きなくなる(エラーと闘う必要がなくなる)
  • 3人でやっていた開発を1人でできるようになる

という期待があります。

もちろん、ノーコードに出来ることには限りがありますので、全ての機能を実装できるわけではありません。

ただし、通販サイトや旅行予約サイトなど簡易なサービスであれば、エンジニアを雇わなくても、自分たちで出来る可能性があります。

 

ホームページも、今はワードプレスで出来るようになりました。このおかげで、個人ブロガーも一気に増えました。

今後は、個人でアプリケーション開発をして、販売する人も急増すると思います。

そうしたプラットフォームサイトなどは伸びそうですね。

 

ローコード開発が世の中を更に良くする

 

今後、人が担う仕事と、ITが担う仕事に分かれていきます。

単調な繰り返し作業は機械にやってもらい、付加価値の高いサービスに対して人が担うようになります。

 

僕自身は、課題解決をやりたいので、ローコード開発ができればそれが実現できると直感で感じました。

 

実は、早速行動に移しています。

 

 

では、また!

 

 

-Freelance, IT&WEB

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.