人見知り・内気・口下手の元リクルート営業マンがトップセールスになれた秘訣や、内向的な方でも活躍できる営業術や働き方をお伝えします。日々の営業活動で疲れた時の処方薬としてご活用ください。

内向型営業マンの処方箋

自信がない時こそコツコツ積み重ね

All

自信がない時こそコツコツ積み重ね【継続は力なり】

投稿日:

こんにちは、タカハシです。

この記事では、このような悩みを持つ方に向けて発信しています。

 

悲しい顔のビジネスマン
悲しい顔のビジネスマン
自分に自信を持てません。どうやったら自信がつくのでしょうか。

よく、「自分は何も自慢できる実績や、結果がないから自信がない。」

という方がいます。

 

そのために、結果を追い求めることは確かに大切です。

ですが、結果を出している人全てが自信家かというとそうではありません。

逆に、結果は何一つ出していないけれど、常に自信満々の人もいます。

 

要は、人の自信というものは限りなく主観的なものである。

といえます。

 

それであれば、常に自信があるように見せた方が、チャンスが回ってくる可能性が高くなります。

この記事では、自分に自信が持てない人が、どうやったら自信を持てるようになるか。といったテーマで解説していきます。

 

自信の正体

自信の正体とは

自信とは何か。

  • 自信がある=自分には必ず実現出来ると思える。自己肯定感が高い。
  • 自信がない=自分にはどうせ無理。向いていない。といった諦め。自己肯定感が低い。

 

自信とは、自分のことを信じる力のことです。

結果・実績という裏付けがなかったとしても、自信を持つことは可能です。

 

という僕自身は、営業マン時代は口下手で雑談も苦手だったので、何一つ自信が持てませんでした。

営業2年目で営業表彰を頂く機会もありましたが、それで自信が付いたかというと、あまり変化はありませんでした。

むしろ、「次も賞を取れるだろうか。」といった、プレッシャーの方が大きくなってしまいました。

 

「成果・実績を出せば自信が持てるようになる!」

「内向型の自分でも、リクルートの先輩達のようにイケイケな感じになれる!」

そのように思っていましたが、そのイメージとは違っていました。

 

いつも何かに追われているような感じがして、先の将来のことばかりが不安になり、目の前のことに集中が出来なくなりました。

 

自信がない時こそコツコツ積み重ね

ピラミッドの画像

PexelsのSimon Matzingerによる写真

自信とは、自分には出来ると信じる力のことです。

自分に自信がない人は、自信を持つためにどうすべきか。

成功体験を沢山積めばいいのです。

 

大きなことでなくて大丈夫です。

1度なら誰でも簡単に出来るようなことを、コツコツと積み重ねましょう。

 

これを、スモールステップといいます。

小さいことでも、積み重ねることで大きな成果に繋がります。

 

例えば、

  • 読書
  • 運動習慣
  • 情報発信(ブログ、ツイッターなど)
  • 靴磨き
  • 早起き
  • 英語学習
  • プログラミング
  • タイピング

大切なのは、一度に沢山やることではありません。

小さくタスク化して継続し続けることです。

 

やったり、やらなかったりでは中途半端になります。

決めたらやる。例え、急用が入っても残業になってもやる。

という位の心構えが必要です。

 

ですが、継続した分だけ、力になりますし、何より自分が自分のことを誇らしく思えるようになります。

 

自分を信じる力が高まれば、不安や焦りの気持ちは自然と消えていますよ。

 

どんな逆境でも希望を持ち続けることは大切。

「ショーシャンクの空に」は、そんな強い人になりたい方にオススメの映画です。

 

 

ps. それでも迷いや不安が消えない人は、誰かに相談しましょう。

カウンセラーは費用も高いですが、最近はオンライン相談や電話占いも流行っています。

人に話を聞いてもらうだけでも、気持ちが整理されますよ。

→こちらのサイトは初回無料なので試してみるのもオススメです。

 

以上です。

では、また!

-All

Copyright© 内向型営業マンの処方箋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.